トヨタとスバルが新型「GR86」「BRZ」を初公開 瞬時にツイッタートレンド入り「めっちゃ格好良い」「買います」

 トヨタ自動車とSUBARU(スバル)は5日、2代目となる新型「GR86」と「BRZ」を合同オンラインイベントで発表。お披露目から1時間も経たないうちに「新型86」と「GR86」がツイッタートレンドに入る盛り上がりを見せている。

 初代86とBRZは「いっしょにいいクルマをつくろう」を合言葉に、両社の共同開発プロジェクトとして2012年に発表された兄弟車。2リッターの水平対向エンジンを搭載し、操る楽しさを体感できる後輪駆動(FR)の4人乗りスポーツカーとして多くの自動車ファンから支持されてきた。

 新型モデルは初代の「低重心」「軽量」「コンパクト」を継承しつつ、235馬力を発揮する2.4リッター水平対向4気筒エンジンに排気量アップして動力性能を向上。エンジンはむしろ軽くなっているそうで、素早いレスポンスや力強い加速を実現しているという。AT車には先進安全技術のアイサイトも装備。ボディサイズは全長4265×全幅1775×全高1310ミリ。車両重量は1270キロで、ホイールベースは2575ミリ、最低地上高は130ミリとなっている。

 トヨタはGRスープラ、GRヤリスに続くスポーツカーシリーズ「GR」のグローバルモデル第3弾として、「86」から新たなネーミングとなる「GR86」に変更。車のベースはスバルと共有しつつ、86の個性として「スポーツ性能に特化したダイレクトで気持ちのいい走り」を実現している。一方、BRZも独自のセッティングを施しており、「誰もが愉しめる究極のFRピュアスポーツカー」をウリとしている。

 この日は開発陣らによるトークショーも開催。両社の協業は05年まで遡るが「これまでお互いに壁を作って本音で仕事ができていなかった。(スバルの中村知美社長から)『胸襟を開いてエンジニア同士、仲良くケンカしてほしい』との話が出たときから空気が変わった」などの裏話を披露。開発が進む86/BRZに対してトヨタの豊田章男社長から「良くはなっているが本当にこれでいいのか?」と何度もダメ出しがあったとのエピソードも飛び出した。いつしか両社は家族のような関係になり、「今日の発表会も『一緒にやりましょうよ』とスバルさんから声がけいただいた」と合同によるイベント開催の背景を明かした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ