「経済敗戦」に終止符を 成否の鍵は財政出動にあり

前の写真へ
IMFのラガルド専務理事(AP)

IMFのラガルド専務理事(AP)

【田村秀男の経済講座】 終戦の「8月15日」から、まもなく72年がたつ。最近の20年間、日本経済はデフレのふちに漬かったままだ。安倍晋三首相がいまだに「経済再生・脱デフレを最優先する」と繰り返すのは、何とももどかしい。中国は停滞日本を押しのけて急膨張を遂げ、傍若無人に振る舞う。改造内閣の使命は、直ちに「経済敗戦」に終止符を打つことだ。成否の鍵は国家の財政政策にある。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ