旭化成、水素事業に本格参入 再生エネ余剰電力を活用

旭化成が横浜市で実証実験するグリーン水素分解システム=旭化成提供

旭化成が横浜市で実証実験するグリーン水素分解システム=旭化成提供

 旭化成は水素プラント事業に本格参入する。風力発電や太陽光発電の余剰電力を使って、アルカリ水から水素を生成し、製造時に二酸化炭素(CO2)が発生しない「グリーン水素」として売り込む。独自の膜技術を活用し、水素に変換するエネルギー効率は世界最高水準になる。今年度中にドイツでの受注を目指す。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ