東芝臨時株主総会 メモリー売却など承認 綱川社長「代替策も検討」

東芝臨時株主総会の会場受付へ向かう株主ら=24日午前、千葉市美浜区(川口良介撮影)

東芝臨時株主総会の会場受付へ向かう株主ら=24日午前、千葉市美浜区(川口良介撮影)

 経営再建中の東芝は24日、千葉市内で臨時株主総会を開き、半導体子会社「東芝メモリ」売却のほか、綱川智社長ら経営陣の大半の再任や6月の定時株主総会で報告できなかった平成29年3月期決算が承認された。また綱川社長は東芝メモリの売却が来年3月までに間に合わない場合でも上場を維持できるよう、代替策を検討していることも明かした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ