電気自動車は不公平…石油業界に危機感 揮発油税めぐる負担で募る不満

前の写真へ
次の写真へ
東京モーターショーでホンダが展示したコンセプトEV。電動化の進展でガソリン税収は減少が見込まれる=10月、東京都江東区(宮川浩和撮影)

東京モーターショーでホンダが展示したコンセプトEV。電動化の進展でガソリン税収は減少が見込まれる=10月、東京都江東区(宮川浩和撮影)

【経済インサイド】 世界で加速する電気自動車(EV)の普及が、各国政府の財政問題に発展する可能性が出てきた。ガソリンの代わりに電気を燃料とするEVが普及すれば、揮発油税などの税収減が不可避になるためだ。2050年には先進国の関連税収が8割落ち込むとの試算もあり、財政赤字の膨らむ日本にとって課題になりそうだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ