路面の水や温度によって性能が変わるタイヤ? 住友ゴムが開発へ 

東京モーターショーに展示した空気不要の「エアレスタイヤ」。住友ゴム工業はタイヤの革新に向けた技術開発を進める=東京都江東区

東京モーターショーに展示した空気不要の「エアレスタイヤ」。住友ゴム工業はタイヤの革新に向けた技術開発を進める=東京都江東区

 住友ゴム工業は7日、路面上の水や温度の変化によってグリップなどの性能が変わる自動車用タイヤを平成35年を目標に開発すると発表した。将来的に自動運転車の普及などが進むと、タイヤのメンテナンスに気を配る運転手が減る可能性を踏まえ、路面の状態を気にせず走れるようにする。ブリヂストンはじめ競合のタイヤメーカー各社も自動運転社会を見据えた対応を加速しており、開発競争が熱を帯びそうだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ