5割超「移民したい」「自国は地獄」見切りつける韓国の“極寒”雇用環境

前の写真へ
次の写真へ
韓国・蔚山の現代自動車の工場。同社ではストライキが頻発している(AP)

韓国・蔚山の現代自動車の工場。同社ではストライキが頻発している(AP)

 【ビジネス解読】 自国に見切りをつけ移民を考えたことがある人が5割超、自国を地獄だと卑下する人が約6割-。これは紛争地や最貧国の話ではない。今年、日本を上回る3%の経済成長を実現する見通しの隣国、韓国社会の姿だ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ