国内自動車大手がEVよりもFCV(燃料電池車)にこだわるワケ

次の写真へ
ホンダは環境・エネルギー展で燃料電池車「クラリティフューエルセル」をアピールした=平成29年12月8日、東京都江東区

ホンダは環境・エネルギー展で燃料電池車「クラリティフューエルセル」をアピールした=平成29年12月8日、東京都江東区

【経済インサイド】 走行時に水しか出さないため「究極のエコカー」とされてきた水素で走る燃料電池車(FCV)。その存在感が世界で加速する「電気自動車(EV)シフト」のムードに押されて薄れつつある。トヨタ自動車やホンダはなぜFCVの旗を降ろさず、燃料を入れる水素ステーションの普及にも意欲的なのか。国内自動車大手が水素の活用にこだわる理由を探った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ