マック、反転攻勢へ 3年で200カ所新規出店 29年は最高益

日本マクドナルドのサラ・カサノバ社長

日本マクドナルドのサラ・カサノバ社長

 日本マクドナルドホールディングスは13日、平成32年末までに150~200カ所の新規出店などを柱とする3年間の中期経営計画を発表した。店舗数を10年ぶりに純増させる。26年の期限切れ鶏肉問題以降、客足回復に向け既存店の改装に注力してきたが、業績回復をうけ「新たな成長ステージへ移る」(サラ・カサノバ社長)と宣言した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ