「船」-「陸」間の高度通信実験に成功した日本郵船とNTT 「自律運航船」に一歩

前の写真へ
次の写真へ
日本郵船グループが運航する豪華客船「飛鳥II」。航海中の船と陸の間の通信をどこまで高度化できるか=横浜市(酒巻俊介撮影)

日本郵船グループが運航する豪華客船「飛鳥II」。航海中の船と陸の間の通信をどこまで高度化できるか=横浜市(酒巻俊介撮影)

 【経済インサイド】 海運業の世界にも広がりをみせようとしているのが、あらゆるモノがインターネットにつながるモノのインターネット(IoT)関連技術だ。航海中の船の膨大な情報を統合して管理し、生かしていくことで、船の安全運航や船員の負担軽減につながると期待されている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ