日本企業で巨額買収相次ぐ 損失のリスク 東芝やリコーは減損計上

武田薬品工業(左)とシャイアーのロゴ

武田薬品工業(左)とシャイアーのロゴ

 武田薬品工業によるシャイアーの買収は、日本企業のM&A(企業の合併・買収)として過去最大になる。日本企業は好調な業績を背景に巨額買収を仕掛け成長市場でさらなる飛躍を目指している。だが、財務体質の悪化や隠れ債務の見逃しなど、潜在するリスクを克服できなければ大きな損失につながる“もろ刃の剣”になる恐れもある。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ