米農務次官「TPP11発効は米国産品にリスク」

インタビューに応じるミッキニー米農務省貿易担当次官=13日、東京都港区(米沢文撮影)

インタビューに応じるミッキニー米農務省貿易担当次官=13日、東京都港区(米沢文撮影)

 訪日中のミッキニー米農務省貿易担当次官は13日、産経新聞などのインタビューに応じ、米国を除く11カ国が参加する環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)について「このまま発効すれば一部の米国産品にはリスクとなる」との見解を示した。日本は米国にTPP復帰を促しているが、ミッキニー氏は「貿易は双方向の関係が望ましい」として、2国間協定にこだわる米国の主張を繰り返した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ