異業種参入に焦る損保、新事業の創出急ぐ

 損害保険大手が新たなビジネスモデルで急成長を目指す「スタートアップ企業」への出資などを通じた新事業創出に本腰を入れ始めた。背景にはデジタル技術を駆使して保険に参入する異業種に、損保のビジネスモデル変革の主導権を握られることへの強烈な危機感がある。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ