金融緩和の出口戦略策は日銀に託される 拙速なら景気冷や水 市場は実現性を疑問視

次の写真へ
7月31日の金融政策決定会合後に会見する日銀の黒田東彦総裁=(ロイター)

7月31日の金融政策決定会合後に会見する日銀の黒田東彦総裁=(ロイター)

 安倍晋三首相が大規模な金融緩和策を手じまいする「出口戦略」に言及したことで、日本銀行の黒田東彦(はるひこ)総裁は具体的検討に向けた“ボール”を投げられた形だ。背景には金融機関の収益力悪化といった緩和に伴う副作用が蓄積し、地方銀行の不祥事を誘発するなど問題が顕在化した現状がある。ただ、拙速に踏み出せば円高や株安を招き景気に冷や水を浴びせる恐れがあるため、市場は実現性を疑問視している。(田辺裕晶)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ