「第4のチョコ」まで登場 拡大するチョコ消費、販売好調の理由は?

次の写真へ
ルビーチョコを素材に使ったスイーツが勢揃いした=9月18日、東京都港区(柳原一哉撮影)

ルビーチョコを素材に使ったスイーツが勢揃いした=9月18日、東京都港区(柳原一哉撮影)

【経済インサイド】 チョコレートの販売が好調だ。販売金額は過去10年ほぼ右肩上がりに伸びており、人口減などによる市場の縮小懸念もどこ吹く風だ。今秋には「第4のチョコ」ともいわれる、目にも鮮やかなピンク色の「ルビーチョコ」が登場するなど話題にも事欠かない。チョコの1人当たりの年間消費量は2・16キロに増大。商機と見たメーカー側は増産に乗り出し、コンビニ各社も品ぞろえ強化に動いている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ