「ソフトバンク株」まさかの大コケ 通信障害で携帯解約2万件…時価総額1兆円吹っ飛んだ 「ファーウェイとの関係が最大の懸念」

個人投資家を泣かせたソフトバンク株の急落。孫氏の心境は?

個人投資家を泣かせたソフトバンク株の急落。孫氏の心境は?

 スタートで大コケしてしまった。携帯電話大手ソフトバンクは、新規株式公開(IPO)初日から売りが殺到、公開価格から14・5%も下げて取引を終えた。時価総額は公開価格時点から1兆円超が吹っ飛んだ。6日の大規模通信障害後に発生以降に携帯サービスで1万~2万件の解約ラッシュがあったことも判明。なぜこんなことになったのか。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ