日産、企業統治改革本格化 経営刷新、6月総会で調整

経済3団体の新年祝賀パーティ-に出席した日産自動車の西川廣人社長=7日午後、東京都千代田区(桐山弘太撮影)

経済3団体の新年祝賀パーティ-に出席した日産自動車の西川廣人社長=7日午後、東京都千代田区(桐山弘太撮影)

 前会長のカルロス・ゴーン容疑者(64)が東京地裁で陳述した日産自動車にとって、今年は事件の要因となったコーポレートガバナンス(企業統治)の改革が最大の課題となる。月内に、すでに設置した「ガバナンス改善特別委員会」で議論を本格化させる。6月下旬の定時株主総会で経営刷新や組織的な手当てを正式に決める方向で検討しているが、筆頭株主の仏ルノーは早期の臨時総会開催を求めており、調整が必要だ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ