ゴーン見限ったフランス 「黄色いベスト」の風圧強く

カルロス・ゴーン被告(AP)

カルロス・ゴーン被告(AP)

 【パリ=三井美奈】フランス政府がゴーン被告の逮捕から2カ月を経てルノーのトップ刷新を決めたのは、日産自動車とルノーの溝が深まる中、企業連合の不安化に歯止めをかける狙いがある。仏国内では昨年12月、ルノーの不透明な幹部報酬が指摘され、筆頭株主である政府への批判に飛び火する懸念も出ていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ