三菱自動車、ゴーン事件受け「指名委等設置会社」移行へ

前の写真へ
カルロス・ゴーン容疑者

カルロス・ゴーン容疑者

 三菱自動車の益子修会長兼最高経営責任者(CEO)は1日、指名、報酬、監査の3委員会を持つ「指名委員会等設置会社」に来年にも移行する方向で検討を始めたと明らかにした。前会長、カルロス・ゴーン被告の事件を受け、コーポレートガバナンス(企業統治)を強化する目的。実現すれば日本の大手自動車メーカーで初めて。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ