三菱自は臨時総会開催せず ゴーン被告めぐり日産と差

前の写真へ
カルロス・ゴーン被告

カルロス・ゴーン被告

 日産自動車と傘下の三菱自動車で、カルロス・ゴーン被告=会社法違反(特別背任)などの罪で起訴=の会長解任後の役員体制を決める臨時株主総会の開催をめぐり、対応が割れている。社内の管理体制を早期に強化したい日産が4月8日の開催を決めた一方、三菱自は静観する構えだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ