整備新幹線、建設費高騰 財務省、JRの負担増提案 反発必至

建設費の増加で財源不足が生じている整備新幹線

建設費の増加で財源不足が生じている整備新幹線

 整備新幹線の建設費をめぐる国とJR各社の対立が、激化する見通しになってきた。建設費が高騰していることから、JR各社が建設費の一部として国に支払う「貸付料(線路使用料)」の支払期間の延長など、JR側の負担引き上げを財務省が提案したからだ。負担の増加は経営に大きな打撃となるだけに、JR側の反発は必至だ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ