郵便局員の営業手当補填へ 日本郵便とかんぽ生命が労組側に提案

日本郵政グループの看板=7月31日午後、東京都千代田区(萩原悠久人撮影)

日本郵政グループの看板=7月31日午後、東京都千代田区(萩原悠久人撮影)

 日本郵便とかんぽ生命保険が、不適切販売問題を受けて保険商品の販売を自粛している郵便局員やかんぽ生命の営業担当に対し、目減りする給与の一部の補(ほ)填(てん)を日本郵政グループ労働組合(JP労組)に提案したことが20日、分かった。営業手当が月数万円ほど減るケースがあり、労組側が対応を求めていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ