9月合意なるか 日米貿易交渉、21日から閣僚級で

8日午前、繰り上げ閣議に臨む(左から)茂木敏充経済再生担当相、安倍晋三首相、麻生太郎副総理兼財務相=首相官邸(春名中撮影) 

8日午前、繰り上げ閣議に臨む(左から)茂木敏充経済再生担当相、安倍晋三首相、麻生太郎副総理兼財務相=首相官邸(春名中撮影) 

 日米両政府は21日から米ワシントンで開く日米貿易交渉の閣僚級協議で、詰めの議論に入る。茂木敏充経済再生担当相とライトハイザー米通商代表部(USTR)代表が2日間の日程で、自動車関税の撤廃や重要農産品の関税引き下げ幅などを話し合う。日米は首脳会談が開かれる予定の9月に一定の合意に近づきたい考えだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ