令和に消える名車 パジェロ、マークX、エスティマ、キューブ

前の写真へ
トヨタ自動車のミニバン「エスティマ」

トヨタ自動車のミニバン「エスティマ」

 5月の改元で「令和」となった2019年、昭和や平成を彩った名車が次々と姿を消す。三菱自動車の「パジェロ」は8月に国内向け生産を終了。トヨタ自動車はミニバン「エスティマ」の生産を10月に、セダン「マークX」を12月に取りやめる。日産自動車も小型車「キューブ」の生産を12月に終了する。各社で事情は異なるが、先進的な技術・サービスをめぐる投資がかさむ中、各社は車種を絞り込んで効率的な販売戦略を進めようとしている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ