新型肺炎の経済影響注視 GDPマイナスで麻生氏

麻生太郎副総理兼財務相(春名中撮影)

麻生太郎副総理兼財務相(春名中撮影)

 麻生太郎財務相は18日の閣議後の記者会見で、令和元年10~12月期の実質国内総生産(GDP)が5四半期ぶりのマイナスとなったことを受け、今後も「新型コロナウイルスによる肺炎の経済への影響をよく見ていかないといけない」と述べた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ