Cカップ安枝瞳、ギリギリ披露で一番恥ずかしかったシーンとは

 レースクイーンでグラビアアイドルの安枝瞳(27)が26日、DVD「水蜜桃の日々」(ラインコミュニケーションズ、4104円)の発売イベントを東京・秋葉原のソフマップアミューズメント館で行った。

 7月にサイパンで行われた撮影では1メートル59、B87W61H95のCカップボディーと自慢の桃尻をビキニや下着姿でギリギリまで披露。しかし、一番恥ずかしかったシーンは「一番露出が少ないブルマを履いた体操服のコスプレ。撮影が終わり、(ブルマを)脱ぐときまでずっと恥ずかしかった」と顔を赤らめていた。

注目まとめ

    アクセスランキング

    もっと見る

    ピックアップ