川村ひかるさん、人気グラドル時代の無理が? 若年性更年期障害になって…

 【病と生きる】川村ひかるさん(36)

 タレントの川村ひかるさん(36)は33歳のとき、若年性更年期障害と診断された。めまいや吐き気、過呼吸など体の不調と「将来、赤ちゃんが産めなくなるかもしれない」という不安。仕事上のストレスを取り除き、食事や睡眠など生活習慣の改善に取り組んだ結果、2年ほどで症状が落ち着いた。「じっくり自分の体と向き合う時間になった」と振り返る。(油原聡子)

 若年性更年期障害の症状に気づいたのは31歳のときです。めまいがしたり、ストレスですぐに吐いてしまったり。夜も眠れず、昼間はぼーっとしていました。仕事中に首から上だけ大量に汗をかいたり、緊張から過呼吸になったりしたこともありました。

 20代の頃から子宮内膜症の治療のために低用量ピルを服用しており、ホルモンバランスが良くないという自覚がありました。最初は「またバランスが乱れたのかな」という程度の認識でした。

 しかし、症状はひどくなる一方。当時は今ほど若年性更年期障害が認知されておらず、受診しても「ホルモンバランスが乱れていますね」と言われるだけでした。

 そこで、漢方薬のサロンを開いている友人に相談したところ、若年性更年期障害だろうと言われました。

 〈更年期は閉経を挟んだ前後10年を指す。加齢に伴い、女性ホルモンが減少することで起こる心身の不調のうち、治療が必要なものを更年期障害という。最近は20~30代でもストレスなどが原因で更年期障害と似た症状を訴えるケースがあり、若年性更年期障害と呼ばれる〉

注目まとめ

    アクセスランキング

    もっと見る

    ピックアップ