南果歩、乳がん手術で稽古復帰後、初の公の場に「2カ月前には考えられなかった」

 3月11日に初期の乳がんの手術を受けていた女優、南果歩(52)が15日、東京・渋谷区の新国立劇場で行われた主演舞台「パーマ屋スミレ」(17日~6月5日に同所で)の報道陣向けフォトコールに参加した。

 4月12日に同作の稽古で復帰後、初の公の場。「最初は精神的な部分でなかなか次のことを考える状況に立てず、1日1日を生きることに必死でした」と話し、「こうやってお披露目できるとは、2カ月前には考えられなかった」と感慨深げだ。

 夫で俳優の渡辺謙(56)は、ブロードウェイ主演ミュージカル「王様と私」を終えて米ニューヨークから帰国後、妻を心配してサプライズで稽古場を訪れたといい、「稽古場の入り口をチラッと見たら知っている人(=渡辺)がいてビックリしました」と照れ笑い。

 一方、12日に多臓器不全のため亡くなった演出家、故蜷川幸雄さん(享年80)の話題には、「本当に大きな存在が亡くなってしまった」としょんぼり。故人が手掛けた2000年の舞台「グリークス」に出演しており、「厳しいだけじゃなく、俳優を心から愛し、信じてくれる人」と回顧。

 「思い出すだけですごくエネルギーをくださる」と振り返り、天国で見守る故人に、同作での熱演を誓った。

注目まとめ

    アクセスランキング

    もっと見る

    ピックアップ