生稲晃子が乳がんの闘病記を出版「『ひとりじゃないよ』と伝えたい」

 4年8カ月にわたる乳がんの闘病を昨年11月に公表した女優、生稲晃子(48)が17日、闘病記「右胸にありがとう そして さようなら」(光文社、1404円)の出版記念講演会を東京・渋谷区文化総合センター大和田さくらホールで行った。

 2011年にがんが発覚し、昨年10月の右乳房の再建まで計5度の手術を受けた。現在は胸にがんはないが、女性ホルモンを抑制する薬で治療を続けており「副作用でたくさんの汗が出てしまい、困っています」と明かす。

 闘病生活を公表したことで「自分(の気持ち)が楽になった」と吐露し、「同じ病でつらい思いをしている人へ『ひとりじゃないよ』と伝えたい」と話した。

注目まとめ

    アクセスランキング

    もっと見る

    ピックアップ

      どう思う?

      「どう思う?」一覧