小林麻央さん病状 1年8カ月前に乳がん判明 手術へ 海老蔵さんが会見で明かす

 歌舞伎俳優の市川海老蔵さん(38)が9日、東京都内のホテルで記者会見し、妻でフリーアナウンサーの小林麻央さん(33)が乳がんで闘病中であることを明かした。麻央さんは現在、抗がん剤治療中。病状は深刻で、手術する方向だという。海老蔵さんは「家族で支えていく」と語った。

 午後3時ごろ、報道関係者ら約200人が集まった会見場に海老蔵さんが紺色のスーツ姿で登壇し、カメラのフラッシュを浴びながら着席。質問に答える形で説明を始め、「1年8カ月前に2人で受けた人間ドックで乳がんが判明した。その際は途方に暮れたが、本人のほうがショックが大きかったようだ」と語った。

 海老蔵さんはがんのステージ(進行度)など詳細は伏せつつも、「病状は深刻で、入院したり出たりしながら、現在、抗がん剤治療を受けている。手術する方向です」と説明した。

 ただ、がん闘病という厳しい状況にもかかわらず海老蔵さんは終始、まっすぐに前を向いてはっきりと通る声で質問に答えていき、会見中涙ぐんだりすることもなかった。

 質問が、長女の麗禾(れいか)ちゃん(4)と長男の勧玄(かんげん)君(3)の2人の子供に及ぶと、「病室に子供が描いた絵を持って行って妻を励まし、病室ではキラキラした時間を過ごしている。4歳の麗禾はテレビで見て意味が分かると思う」と語った。

 海老蔵さんは発覚からこの日までを「忍耐の1年8カ月」と振り返りながら、「麻央本人が一番つらいと思うが前向きに闘っている。自分も家族を支えていく」とともに闘病する姿勢を強調した。

 麻央さんについては、9日付のスポーツ報知が「進行性がんで極秘入院」と報道。同日朝から都内の海老蔵さん宅に報道関係者が殺到し、子供が幼稚園への登園をあきらめるなど支障が出たという。

注目まとめ

    アクセスランキング

    もっと見る

    ピックアップ