海老蔵、妻・麻央の乳がんを発表「私には計り知れない苦しさと戦っている」

 歌舞伎俳優、市川海老蔵(38)が9日、東京都内で記者会見を開き妻のフリーアナウンサー、小林麻央(33)が進行性の乳がんを患い現在も闘病中であることを明かした。

 海老蔵は「単刀直入に言いますと乳がんですね。約1年8カ月ほど前に分かりました」と夫婦そろって受けた人間ドックで判明したことを明かすと、症状については「進行具合は、かなりスピードが早いもので、なかなか大変なものではないかというご意見をお医者さまからいただいた。比較的、深刻であると思う。現在は、抗がん剤治療をやっておりまして、抗がん剤は人によって効いたり効かなったりあるそうで、ずっと探りながらやってるなかで、手術をする方向に向かって治療をしてる。本人は全部、理解しておりますから前向きに病と闘っている」と説明した。

 麻央の病気が発覚した際に海老蔵は「忘れもしません。私自身、途方にくれたというか」と言葉を詰まらせながらも心境を明かし、麻央については「本人が一番辛いと思うんです。元気になりたいという気持ちと、小さい子供のそばにいられない母親の気持ちは、私には計り知れない、辛さ、苦しさと戦っていると思う」と代弁した。

注目まとめ

    アクセスランキング

    もっと見る

    ピックアップ

      どう思う?

      「どう思う?」一覧