元AKBの石田晴香、へそ出しルックで2バン始球式

 「ベルコサンクスマッチ2016」として開催された23日の日本ハム-オリックス13回戦(札幌ドーム)で、イベントの一環として元AKB48で現在はタレントの石田晴香(22)が、始球式を務めた。

 「キャッチボールしかしたことがない」という石田にとって、人生初のマウンド。躍動感のある投球フォームから投じた一球は、ツーバウンドして捕手のミットに収まった。元AKB48のメンバーで、日本ハムファンのNMB48、藤江れいなからは「うらやましい」と声を掛けられたという。大役を終え、「一瞬の出来事でした。80点くらいです!」と目を輝かせていた。

注目まとめ

    アクセスランキング

    もっと見る

    ピックアップ