“悩殺始球式”で話題 女優の片山萌美が舞台に挑戦 俳優座「横浜グラフィティ」 昭和40年代の港町に集った若者たち

 キュートな短い丈のユニフォーム姿で大きく振りかぶる。短パンからスラリと伸びた美脚がまぶしい。7月2日、千葉市のQVCマリンフィールドで行われたプロ野球のロッテ対オリックス。その始球式に登場し、胸元が大きく開いてへそが見える“悩殺ルック”で観客の目をくぎ付けにしたのが女優でモデルの片山萌美(25)だ。女優業では、26日夜に初日を迎えた俳優座の舞台「横浜グラフィティ」に出演する。ミス日本ネイチャーを受賞した美貌と、長身でGカップというスタイルの良さからグラビアで引っ張りだこの人気者が、どんな演技をみせるのか。「今は舞台に夢中です」という演技派女優の素顔に迫った。(三枝玄太郎)

 --ミス日本に選ばれたんですよね

 「平成24年、第44回ミス日本コンテストに出場して、ミス日本ネイチャーを受賞しました」

 --もともと女優志望だったんですか

 「いえ。20歳ごろからモデルをやっていました。ミス日本ネイチャーに選ばれたときは大学生だったんですが、モデルはやっていたものの、自分が何をやりたいのか、自分でも分からなくて、普通の大学生活を送っていました。いろいろとアルバイトもしましたよ。カフェでのバイトは今でも続けているんです」

 --じゃあ、小さいころから女優さんになりたいというわけではなかったんですね

 「ええ。でも舞台女優のお仕事を頂いて、演じているうちに舞台ならではの一体感が楽しくて、今は夢中です」

 --高校時代は何かスポーツをやっていたんですか

 「バスケットボール部にいて、センターをやっていました。(横浜グラフィティで共演している)宮原将護さんとも意見が合ったんです。舞台ってバスケに似てるよねって。一体となってプレーして、攻守がすぐに代わって、ゴールを入れたり、逆に取られたり」

 「演劇もそうですよね。台詞が来るときにこう返そうと思っていても、昨日とは違う呼吸がある。瞬発力が問われるというか…。しかも休む暇がない。宮原さんも学生時代にバスケをやっていたんで、話をしていてなるほどなって腑に落ちました」

注目まとめ

    アクセスランキング

    もっと見る

    ピックアップ