女優・生稲晃子さんが5年にわたる乳がんとの闘いを切々と「辛いからこそ仕事も家庭も普段通りに…」

 【病と生きる】女優・生稲晃子さん(48)

 アイドルグループ「おニャン子クラブ」のメンバーとして人気を博し、解散後は女優業などで活躍してきた生稲晃子さん(48)。5年前の春、右胸に乳がんが見つかり、治療と乳房再建のために5度の手術を経験した。闘病の日々を支えたのは仕事、そして家族への思いだった。(戸谷真美)

 平成22年末、例年受けていた自治体の無料検診を受けそびれたことに気づきました。そこでお友達の医師に勧められ、翌年1月に受けた人間ドックで右胸にがんが見つかったんです。「来年受ければいいや」と先延ばしにしていたら…。ラッキーだったと今では思います。

 正式な告知を受けたのは4月、43歳の誕生日でした。ドラマのワンシーンを撮っているかのようでした。ショックでしたね。ずっと元気で生きてきて、私の中で「がん」の2文字は「死につながる怖い病気」というイメージでしたから。

 最初の手術はその年の5月、腫瘍が小さく、しこりとその周囲の細胞を切り取る乳房温存術でした。ところが翌年になって、また右胸に小さな赤い突起ができ、悪性であることが分かって、24年9月に2度目の手術を受けました。病院には3カ月に1度通い、再発の有無を検査しました。2度目の再発を告げられたのは、25年の秋でした。

 このときは「(死への)覚悟が必要なんだろうか」と思いました。相当たちの悪いものが私の中にある。打ち勝つ術があるだろうか…と。

注目まとめ

    アクセスランキング

    もっと見る

    ピックアップ