坂口杏里 AVデビュー話題も期待薄 タレント生命危惧する声も

 今秋、芸能人専門メーカー、MUTEKIからアダルト作品デビューするタレントの坂口杏里(25)。衝撃の転身に話題性はバツグンなのだが、期待する声はどうもイマイチのようで…。

 AV業界の関係者は、「MUTEKIでは1本しか撮っていない。内容は、かなりソフトだと聞いています」と明かす。続けて「最初は話題性で売れても、2本目につながるか。次があるとすれば、メーカーを変わる可能性が濃厚。さらにハードな内容に挑まないと続かないだろう」とも。

 芸能人AVといえば、元日テレジェニックだった高橋しょう子や元渋谷系アイドルユニットのメンバーだった羽咲みはるが話題になったばかり。「いずれも1本目はMUTEKIから出ましたが、万を超える枚数が売れたようです」と出版関係者。

 杏里は女優、坂口良子(享年57)の長女とあって、話題性は抜群だが、期待度でいうと「期待はしてないけど予想通り」「衝撃具合は過去最高クラスだがうれしくない」とネット上も少々冷ややかだ。

 「ネット上では、坂口は激やせが指摘されており、彼女にエロを求める声は少ない。むしろ元カレのお笑いコンビ、バイきんぐの小峠英二の『なんて日だ』のギャグでネタにされているほど」と芸能関係者。

 杏里のタレント生命を危惧する声もある。

 「母の死で立ち直れないほどのショックを受けた。そこから立ち直ったかに見えたのですが…。はけ口のようにホストクラブに通い借金を背負うなど、次第に追い詰められてきた」(週刊誌記者)

注目まとめ

    アクセスランキング

    もっと見る

    ピックアップ

      どう思う?

      「どう思う?」一覧