BPO、世田谷事件扱ったテレ朝番組に勧告 「放送倫理上、重大な問題があった」

 放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送人権委員会(委員長・坂井真弁護士)は12日、東京都世田谷区の一家4人殺害事件を扱ったテレビ朝日の番組について、「放送倫理上重大な問題があった」として、同局に放送倫理の順守徹底を勧告した。番組に出演した事件の被害者遺族に対する人権侵害は認めなかった。

 番組は、平成26年12月28日に放送された「世紀の瞬間&未解決事件」。元FBI(米連邦捜査局)捜査官がテレビ朝日の記者とともに、平成12年に発生した事件の犯人像をプロファイリング(犯罪情報分析)で導くという内容だった。

 同番組に出演した被害者の遺族の女性は、元捜査官が提案した「強い怨恨(えんこん)を持つ顔見知り犯行説」を、「(被害者家族には)恨まれる節はなかったと感じる。金銭トラブルなどもなかった」などと否定。続いて、規制音で一部が隠された元捜査官の質問とナレーションが放送された後、女性は「考えられないでもないですね」と答えた。

 女性は「規制音やナレーションなどによる過剰なテレビ的演出や恣意(しい)的な編集により、『顔見知り犯行説』に賛同したかのような放送をされた。事実と異なる報道をされ、名誉と人権を侵害された」などとBPOに申し立てた。一方のテレビ朝日側は「元捜査官の見立てを否定する(女性の)発言を紹介することで番組としてバランスを取っていた」と主張していた。

 坂井委員長は「規制音などのテレビ的技法や過剰な編集により、(女性が)『顔見知り犯行説』に賛同したかのように受け取られる可能性の高い放送をした。取材対象者に対する公平さと適切な配慮を著しく欠いていた」と見解を述べた。その上で、「未解決事件を番組で取り上げるのは評価できる試みだが、被害者・関係者の人権や放送倫理上の問題にはとりわけ慎重になるべきだ」と語った。

 人権侵害の申し立てを認めなかった理由については、「厳しい批判や反発を受け、精神的苦痛を味わったことは確かだろうが、(番組が)社会的評価の低下にただちにつながるものではなく、人権侵害があったとまではいえない」と説明した。

注目まとめ

    アクセスランキング

    もっと見る

    ピックアップ