3月に早期乳がんの手術を受けた南果歩、闘病生活に「まずは無理をしない」

 3月に早期乳がんの手術を受けた女優、南果歩(52)が1日、東京・六本木ヒルズアリーナで乳がんの早期発見・診断・治療の大切さを伝える「ピンクリボンフェスティバル 2016」に出席、トークショーを行った。

 今年2月、早期の胃がんと診断され入院した夫で俳優の渡辺謙(56)に付き添ううち、自ら初めて人間ドックを受診したところ“異常”が見つかった。告知された際は「まさか私が? と。受け止めるにも理解するにも時間がかかった」と振り返りつつ、「病気にならない方がいいですけど、同じものを見ても食べても感動が大きい。病気になってホントの幸せ、感動を味わっています」と感慨深げに話す。

 手術後も放射線治療などを行って闘病してきており、「まずは無理をしない。ストレス、無理、それから離れた生活ですね」とコメントした。

 実際、この日トークショー前にはイベントの一環で6キロウォークに参加予定だったが、「血圧が高めでした。150近くあったので、これは歩くのは止めようって。無理はしない」と体調を考慮してパスしたという。

 また、家族のサポートについては、「精神的に不安定なときに、LINEなどでコンタクトをとり、いつでも話を聞いてくれるのはありがたかった。弱い自分を見せられることがいいと思う」などと話していた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧