乳がんで闘病の小林麻央さん ステージ4でも「奇跡を起こしたい」

 歌舞伎俳優、市川海老蔵(38)の妻で、乳がんで闘病中のフリーアナウンサーの小林麻央さん(34)が3日、自身のブログを更新し、自らのがんが「ステージ4」であることを改めて公表した上で「奇跡を起こしたい。完治させたい」と切々と思いをつづった。

 小林さんは「いろいろなことを真剣に調べました。いろいろなことも分かっているつもりです」と記した後、主治医に「だからこそ奇跡を起こしたい」と訴えたことを明かした。

 主治医が「奇跡を起こすには着実に一歩、一歩を踏むことです」と回答、小林さんは「先生(主治医)と出会うまでは根治させたいなんて言えないと思っていました。でも、ついに、心の声を、言えたのです」とつづった。

 最後に「5年後も、10年後も生きたいのだーっ。あわよくば30年!いや、40年!50年は求めませんから」と記し、病気と闘う決意を改めて強調した。

 また3日午後、手術をする前と後の写真を公開。「術後、回復し、洗面所まで歩けるようになったとき、生命力というものを体感」とつづった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧