佐藤健、有村架純はナマケモノ!?「すべての動きが丁寧で、若干遅い」

 俳優、佐藤健(27)が6日、東京都内で行われた主演映画「何者」(三浦大輔監督、15日公開)の試写会イベントに女優、有村架純(23)と出席。女性客142人と恋愛トークで盛り上がった。

 同作は作家、朝井リョウ氏の直木賞受賞作が原作で、就活中の大学生5人の姿を描く。佐藤は有村の印象について、動物のナマケモノにたとえ「すべての動きが丁寧で、若干遅い」と苦笑。「慌てるといいことないので…」と釈明する有村に、観客は「かわいい!」の“大合唱”。それを見た佐藤は「(それでも良い反応なのは)ズルい系女子だね」といじり倒した。

 イベントで2人が登場すると、観客からは悲鳴のような大歓声。女子だらけの異様な光景に、佐藤は「たまらんすなぁ」とデレデレ。有村も「新鮮で変に緊張しないので安心します。いろんな女子トークができたら」と笑顔を見せた。

 「友情よりも恋愛のほうが大事」とのお題では、佐藤が「恋愛をちょっと重視している方がいい。僕は恋愛の方をちょっと重視しているくらいにしていますね」と自身の恋愛観を熱弁。「同じ人に2回以上、告白したことがある」とのお題で、有村は「できれば男の人から(告白を)してほしい。でも自分の気持ちを伝えたいと思ったら(自分から)言うかも」と照れ笑いを浮かべた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ