坂口杏里、過熱報道に苦言「自らAVの道に行きましたよ。お金でも何でもない」

 セクシー女優に転向したタレント、坂口杏里(25)が7日、新たな芸名、ANRI名義のツイッターで、AV転向について「自らAVの道に行きましたよ。お金でも何でもない」とツイートした。

 坂口のAV転向については連日のように様々な報道がされているが、一部では坂口がホスト通いにはまり、500万円もの借金を抱えていたことが転向のきっかけであるなどと報じられていた。

 それを受けてか、坂口は「いろんな報道が舞い散ってるけど、嘘ばっか。何の根拠なんだろ!?」と過熱する報道に苦言。「具体的な事は言いたいけどきっと炎上するから書かないけど、自らAVの道に行きましたよ。お金でも何でもない。25歳で新しい道に飛び込む事の何がいけないのかな??」と自らの意志でAV転向に踏み切ったことを告白し、その上で「人生一回なんだから新しい道に行く事、そこでトップになりたい」と宣言した。

 また、第一報が報じられた当時を振り返り「正直9月の初めに報道が出て記者の方が友達にDMとか送ってるのも家の周りにいる事も凄く腹立たしかったし悲しかったし悔しかったです」と嘆いた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧