「君の名は。」興行収入150億円突破 邦画では「崖の上のポニョ」以来

 俳優、神木隆之介(23)や女優、上白石萌音(18)らが声優を務めるアニメ映画「君の名は。」(新海誠監督)の興行収入が150億円を突破したことが17日、分かった。邦画では「崖の上のポニョ」以来8年ぶり。

 公開日の8月26日から今月16日までの52日間で1184万人を動員。興収は歴代11位の154・1億円に到達した。配給元の東宝はこの日、2017年2月期連結決算の業績予想を上方修正し、純利益が前期比27・7%増の330億円と過去最高になると発表した。

 7月に公開された「シン・ゴジラ」(庵野秀明総監督)も興収77・8億円と大ヒットしたためで、13・7%の減益としていた従来予想から一転して増益となる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ