「愛されるヒロインに」 次期朝ドラ主演、有村架純 茨城県知事表敬

 来年4月から放映されるNHK朝の連続テレビ小説「ひよっこ」で主演を務める、女優の有村架純さん(23)が20日、舞台となる茨城県を訪れ、県庁に橋本昌知事を表敬訪問した。

 すでに撮影で県北地域を訪れたという有村さん。橋本知事に対し「地元の人に教えてもらって、みんなで稲刈りの練習をしました」「(方言指導の)先生の方言を録音したCDを聞いて勉強しています」などと話していた。

 同作は東京五輪が開催された昭和39(1964)年から始まる物語。戦後の高度経済成長期に、県北西部から集団就職で上京する「金の卵」のヒロイン、谷田部みね子が、自らの殻を破って成長する様子を描く。

 表敬訪問を終えると、有村さんは記者団に「茨城の景色、人柄のよさを伝えたい」と意気込みを語った。みね子については「真っすぐで、家族が大好きな女の子。みんなに愛されるヒロインになってほしいと思って役作りをしています」と話した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ