戸田恵梨香、加瀬亮との破局報道にノーコメント

 俳優、東出昌大(28)が主演する映画「デスノート Light up the NEW world」(佐藤信介監督、29日公開)のジャパンプレミアが20日、東京都内で行われた。

 藤原竜也(34)が主演した2006年の大ヒット映画の続編で、超高度情報化社会を舞台に地上に存在した6冊の“デスノート”の争奪戦を描いた物語。東出は「裏切りにつぐ裏切りで事件につぐ事件です。衝撃作になっていると自信をもっていえます」と胸を張った。

 前作に続き出演する女優の戸田恵梨香(28)も出席。あいさつの際、会場から「えりか~」と男性から声援が飛ぶと笑顔。初めての映画が前作だったといい、「自分の仕事に自覚をもった作品で大きくてかけがえのない存在ですが、10年ぶりに同じ役をやるプレッシャーは大きかった」と話した。この日、一部で俳優の加瀬亮(41)との破局が伝えられ、去り際に取材陣が直撃しようとしたが関係者にブロックされ、戸田はノーコメントのまま足早に会場を後にした。

 ジャパンプレミアには池松壮亮(26)、菅田将暉(23)、元AKBの川栄李奈(21)、船越英一郎(56)らも登場した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ