じぇじぇじぇに対抗!?有村架純、身も心も茨城の女「んだんだ」

 NHK次期連続テレビ小説「ひよっこ」(来年4月3日スタート、月~土曜前8・0)のヒロインを演じる女優、有村架純(23)が5日、茨城・高萩市内で行われたロケに参加した。同作は昭和の高度成長期に、茨城県の農家から集団就職で上京した少女の成長物語。有村は報道陣にもんぺ姿の劇中衣装を初披露し、特訓中の茨城弁で「んだんだ。『ひよっこ』の撮影、最後までがんばっと(頑張るぞ)!」とキュートな笑顔で宣言した。

 2013年の出世作「あまちゃん」で大ブレークしてから3年半。若手実力派として成長を続ける有村が、ヒロインとして朝ドラの撮影現場に帰ってきた。

 高萩市内の山間部に広がるのどかな田園地帯。おでこをみせた日焼け風メークに、もんぺ姿を報道陣に披露した有村は、母親役の木村佳乃(40)、祖父役の古谷一行(72)、叔父役のロックバンド、銀杏BOYZの峯田和伸(38)ら共演者と、劇中で使う茨城弁で「『ひよっこ』の撮影、最後までがんばっと!」と熱演を誓った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ