庵野秀明監督に聞く シン・ゴジラで重ねた無理とは?「今はエヴァンゲリオン最新作に…」

 「エヴァンゲリオン」シリーズなどを製作する会社「カラー」が10周年を迎え、同社代表の庵野秀明監督(56)がインタビューに応じた。総監督を務めた「シン・ゴジラ」や「エヴァンゲリオン」シリーズへの思い、日本アニメ界の展望を聞いた。(岡本耕治)

 《今夏に公開された「シン・ゴジラ」は、シンプルな物語と徹底したリアリズムで大きな話題を呼んだ》

 手がけてみて、意外にゴジラを現実社会に持ち込みやすいことに気づきました。作品の中の“嘘”がゴジラの存在だけなので、シンプルなんです。

 ストレスだったのは、「主人公の恋人や家族の問題などの人間ドラマを入れてほしい」という、プロデューサーの要求でした。ゴジラ映画はそんなものがなくても成立するんですよ。僕はスポンサーの意見をむげに否定はしません。でも、作品にとって、それは違うというときはなるべく排さないといけない。

 後は、リアリティーを強めるために取材を重ねていくのは大変でしたね。

 《製作費は10数億円といわれており、ハリウッド映画の10分の1にも満たない》

 現場は無理に無理を重ねました。本来ならこの予算では作れません。

 零戦が設計された際に徹底して軽量化が図られたのと同じく、脚本の段階から無駄を削ぎ落としました。

 まず、民間人側のドラマをあきらめた。東宝は反対しましたが、とても無理。今回は、首相官邸周りしか描いていませんが、それもセットの数を制限したから。官僚たちを描くのに食堂の場面なども入れたかったけど、それも捨てました。まあ、監督の仕事は妥協することですから。トータルでコントロールすることが大事なんです。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ