紅白、SMAPは過去の映像で登場検討 審査員に北島三郎の仰天プランも

 【芸能ニュース舞台裏】「24日にNHK紅白歌合戦の出演者発表ですが、東北を襲った地震の被害が甚大ならば延期も考えたようです。幸い被害が少なく、変更はなかったのですが、当日は関東に積雪。テレビではニュース番組も情報番組でも、紅白が1番手の扱いになることはなかったですね」(テレビ誌ライター)

 スポーツ紙を主戦場にした、出場者をめぐる“紅白スクープ合戦”も、発表でいったん撃ち方止めに。

 「結局出場者には含まれませんでしたが、今年の紅白の主役は間違いなくSMAP。ジャニーズ事務所の後輩や出演者がメドレーでヒット曲を披露し、SMAPは過去の映像で登場するという案が検討されています」(前出ライター)

 大物ベテラン歌手も落選の憂き目にあったが、意外な大物が復帰する、という仰天プランがあるという。

 「北島三郎です。とは言っても出演者としてではなく、審査員として。今年は五輪イヤーでしたので、五輪枠もきちんとありますが、目玉枠として北島、落語家の桂歌丸の名前も取りざたされているそうです」(ベテラン放送記者)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ