乙武氏、テレ朝に「心から敬意」…『ワイドナショー』に強烈な皮肉コメント寄せる

 テレビ朝日アナウンサーの不倫疑惑報道に対する同局の対応についてツイッターで批判していた作家、乙武洋匡氏(40)が11日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」(日曜前10・0)にコメントを寄せ、「今後一切、他人のプライバシーをつまびらかにするような報道を放棄する旨のコメントを出されたテレビ朝日さんに心から敬意を表します」と皮肉った。

 8日発売の「週刊文春」でテレビ朝日の田中萌アナウンサー(25)と加藤泰平アナ(33)不倫疑惑が報じられた。同誌がテレビ朝日に対し2人の不倫関係について見解を求めると、同局広報部が「プライベートなことですので、コメントは控えさせていただきます」と回答したとしており、乙武氏はこの対応について、「『プライベートなことですので』って、どの口が言ってんだよ。さんざん人のプライベートをいじくり回しておいて、いまさら何を言ってるんだか」とツイッターで批判した。

 番組MCの東野幸治(49)が、「乙武さん自身は不倫とかのニュースでみんなから責められて、いざテレビ朝日のアナウンサーの不倫騒動で、テレビ朝日の態度が『プライベートなことですから』ってことで回答したら、そりゃ腹立つ。当然でしょ」と乙武氏に理解を示すと、ダウンタウンの松本人志(53)は、「当然なんですよ。ただ、おそらく乙武さんが今それを言うと『お前が言うな』ってなんのも想定できますわな。でも、乙武さんはそれをやられたから言ってるんやけどね。全く関係ないもんが言うたら『外野は黙っとけ』ってまた言われるわけやから」とコメント。 しかし、同局の対応については「たしかに、あのテレ朝のアナウンサーの、あの処理の仕方はたしかになかなかひどいなとは思いますね」と語った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ