テリー伊藤、成宮氏の引退は「逃げた部分もある感じがする」

 演出家でタレント、テリー伊藤(66)が11日、TBS系「サンデージャポン」(日曜前9・54)に生出演。元俳優、成宮寛貴氏(34)の芸能界からの電撃引退について言及した。

 テリーは、成宮氏の引退について「ちょっと腑に落ちない」とコメント。 成宮氏が9日に発表した自筆ファクスの「絶対知られたくないセクシャリティな部分もクローズアップされてしまい…」という部分を挙げ、「2週間に渡っての雑誌の報道って、ここの部分じゃないじゃないですか。薬物(に対して)ですよね。彼が例えば同性愛者であったとしても、それはどうでもいい話で。特に、アーティストの方ってそういう方たくさんいるし、それこそ芸能界っていうのは、もし彼が言ったとしても『成宮かっこいいな』って風に思う人も多いと思うし、テレビ局にしろスポンサーにしろ彼を拒否しなかったと思うんですよ。彼は逆にそういうことを言える立場であったし、彼がそれをもし言うことによって自信がついた人もいる。 堂々としていればよかったかな」と持論を展開した。

 続けて「彼が引退するっていうのは逃げた部分もある感じがする。今後の次の人生生きていく上でも、逃げたままで行っちゃうよりも、ちゃんとした方がいいんじゃないかな」と語った。

 また、元衆院議員でタレント、杉村太蔵(37)は、成宮氏の自筆ファクスの「心から信頼していた友人に裏切られ複数の人達が仕掛けた罠に落ちてしまいました」という部分にについて、「『自分はコカインを使っていた』『それを周囲にバラさない』『そのことを心から信頼していた友人に裏切られた』っていう風にも読めちゃうわけですよ」と指摘し、毛髪検査を受けて身の潔白を証明するべきだと訴えた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ