香川照之が離婚「私の力不足」、2年前から話し合い苦渋の決断

 俳優、香川照之(51)が夫人(46)と離婚したことが14日、分かった。所属事務所はサンケイスポーツの取材に「離婚したことは事実です」と認めたが、離婚届の提出日や慰謝料、2人の子供(1男1女)の親権などについては「一家庭のことなので立ち入って聞いていない」と語らなかった。

 関係者によると、約2年前から代理人を立てて離婚を話し合い、14日までに成立した。香川が3歳のとき、父の歌舞伎俳優、二代目市川猿翁(77)と母の女優、浜木綿子(81)が離婚しており、子供には同じ思いをさせたくなかっただけに、苦渋の決断だったようだ。

 1995年12月に客室乗務員だった夫人と結婚し、長男の政明くん(12)と長女をもうけた。12年6月に政明くんとともに歌舞伎界入りし、自身は九代目市川中車、政明くんは市川團子を襲名。俳優としても活躍していた香川は、歌舞伎俳優の顔が加わったことで多忙を極め、妻との間にすれ違いが生じ始めた。14年9月には写真誌が家庭内別居状態だと報じていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ