橋本マナミ、グラビア「60代まで」宣言!「喜んでくれる方がいる限り」

 タレント、橋本マナミ(32)が25日、TBS系「サンデージャポン」(日曜前9・54)に生出演。60代までのグラビア活動を宣言した。

 番組では、18日にグラビア活動の中断を宣言した杉原杏璃(34)の話題を取り上げた。スタジオでは同じくグラビア活動をするタレント、壇蜜(36)と橋本マナミに、杉原の決断について話が向けられた。

 壇蜜は「私、代わりに…」と切り出しながら、「実は事務所の先輩で。歳は私の方が2コ上なんですけど」と杉原の関係を説明。「新人時代に、みんなこぞって、『こういう風に…』ってプロデューサーさんたちに言われた」と、杉原が先輩としてグラビア界の見本となったという。今回の決断には「今はプロデュース業になられて、ファンの人も動揺されてると思いますが、新人の発掘、応援すると仰ってるので、気長に応援したい」とし、「いずれまただと思ってる」と杉原のグラビア活動再開に期待を込めた。

 橋本は、グラビアからの引退、中断について「考えたことないです」ときっぱり。「喜んでくれる方がいる限り、ずっとやっていきたい」と語った。「高齢化社会でグラビアも高齢化しているんです」と説明し、「スタイルをキープしてやっていきたい」と改めて決意を語った。いつまで続けるかと問われると、「60代まで」と宣言した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧